llp設立ワンポイントアドバイス

llp設立の流れ

  1. llp(有限責任事業組合)の概要を決定する。
  2. ビジネスパートナーと出資比率・損益配分・内部自治を決定する。
  3. llp(有限責任事業組合)の組合契約書を作成する。
  4. 出資金の証明手続きを行う。
  5. 本店所在地を管轄する法務局にllp(有限責任事業組合)の設立登記申請を行う。
  6. 申請の翌日〜10日ぐらいでllp(有限責任事業組合)の設立が完了します。

llp設立ワンポイントアドバイス

LLP組合契約書を作成する際に絶対に記載しなければいけない事項

  1. ..組合の名称
  2. ..組合の事務所の所在地
  3. .組合員の氏名・名称・住所
  4. .組合契約の効力が発生する年月日
  5. .組合の存続期間
  6. .組合員の出資の目的、その価額
  7. .組合の事業年度

 

LLP設立代行サポートは、全国対応しています!

 

会社設立京都センターお問い合わせフォーム


このページの先頭へ戻る